近視で老眼のかたに! ベターハーフとベストハーフ
HOME跳ね上げメガネ
1本で2役、便利な跳ね上げメガネですが、それさえもわずらわしい・・・

   というかたには、
技術と知恵を駆使したこんなご提案も!

たとえば、こういうことなんです。

  村上さんは近視の老眼です。
ですから、メガネを掛けたままでは見づらそうですね。
おやおや、メガネをはずしてご覧になってます。
そこで登場するのが、ベストハーフとベターハーフです。
まず掛けていただいたのは、当店オリジナルのベターハーフ

実はこのベターハーフ、元々は丸メガネだったものを
下半分スパッと切り取ったんです。

ずいぶんレンズの天地(上下幅)が短くなっています。

ですが、そのおかげでメガネをはずさなくても
レンズ下の隙間からのぞいて見れば・・・

そのままハッキリ新聞が読めるようになりました!

遠方を見るときはまっすぐ、近くを見るときはレンズの下から、
これならメガネをはずさなくても大丈夫ですね、村上さん。
ですが、「もう少しオシャレな枠で、それできない?」

とおっしゃる村上さん。
できますよ!
天地の浅いオシャレな枠のレンズのフォルムを少し変えて、
少しだけベターハーフ用に調整を加えることで・・・
これもベターハーフですよ。

*店内のナイロールフレームの
 多くがベターハーフに加工
 調整することが可能です。
ほら、これもレンズの下の隙間から新聞読めますね。
今度は、「もっと縦にも広く見えるといいんだけど・・・」

とおっしゃる村上さん。
もちろんできますよ!

ここでベストハーフの
登場です。
こちらも、跳ね上げメガネの天地を特別に浅く作り直し、

(1) 遠方はまっすぐ
(2) 近方はメガネをはずさずに、掛けたままでレンズの下から
(3) さらに、レンズを跳ね上げることで、縦にも広い近方視野を得られるようにいたしました。

これが、ベストハーフです!
(1) (2) (3)
さあ、これで村上さんもご満足いただけました!

*店内の跳ね上げナイロールフレームの多くが、ベストハーフに加工調整することが可能です。
HOME跳ね上げメガネ
Copyright(C)2008 京都メガネ館 All Rights Reserved