レンズの厚みが目立ちにくい加工とは?
HOME
レンズの厚み感の原因は?

  
1. 横から見た時の耳側や鼻側のレンズのはみ出し
  2. 斜めヨコからみた時の耳側や鼻側の白い全反射やウズ
  3. 正面や、正面やや上方から装用者を見た場合のレンズ下縁の白い反射やウズ
  多くの方が(1)や(2)を気にされるのですが、実際には装用者自身が気にされる
  ほどには目立たないものです。

  そして、(1)や(2)の厚み感は適切なフレームの選定(ウスカルフレームなど)により、
  かなりそれを減らすことが可能です。

  
しかし、他人から見た場合にレンズの厚みを感じさせるのは意外なことに(3)なのです。
アンダーすっきり加工とは?

  
レンズが厚くなるにつれて目立ってくるのがレンズ下部の白い反射です。
  この反射を少なくして「すっきり感」をさらにアップさせるのが「アンダーすっきり加工」です。
  強度近視の方はもちろんですが、さほど強い度数でない方や、凸レンズにも大変有効です。

   
※この「アンダーすっきり加工」は、岡本隆博氏が以前に「日本眼鏡技術研究会雑誌」に発表したものです。
加工方法で、こんなに変わる!

  以下の加工例では、すべて向かって左側が「アンダーすっきり加工」、右側が通常の
  オート加工です。 左右ともに同じレンズ、同じ度数で加工したものです。

アンダーすっきり加工
例 1

ウスカルメガネ
Uscalism
●横方向の厚みを少なく
 するには効果バツグンの
 「ウスカルメガネ」ですが、
 強度近視では、レンズ
 下縁の全反射も強くなり
 ます。

 この写真の例は、それ
 ほど強度の例ではない
 のですが、それでも明ら
 かに違いがわかります。

 強度になればなるほど、
 その違いは大きくなり
 ます。
■フレーム:ウスカル会オリジナル
  フレーム/ウスカリズム(40□24)
■レンズ:1.6屈折、球面プラスチック
■OCD:65.0
■度数:左右とも-4.00D


 *上段は正面から、
  下段はやや上から撮った画像です。

アンダーすっきり加工例
例 2

丸メガネ
ThinKing
●比較的球型サイズの
 小さい「丸メガネ」では、
 ヨコや斜めからのウズ
 や反射はどちらかとい
 えば、目立ちにくいと
 いえるでしょう。

 ただし、上下幅が広い
 ため、レンズ下縁の全
 反射については、他の
 フレームよりも目立ちや
 すいため、大変有効な
 加工方法です。
 
■フレーム:丸メガネ研究会オリジナル
  フレーム/シンキング(39□28)
■レンズ:1.6屈折、球面プラスチック
■OCD:65.0
■度数:左右とも-4.00D


 *上段は正面から、
  下段はやや上から撮った画像です。

アンダーすっきり加工例
例 3

子供メガネ
Lafont
●サイズの小さいお子様
 用のメガネでは、厚みに
 ついてはそれほど心配
 することはありません。

 大人に比べて、上から
 見下ろされることの多い
 子供の場合、この加工法
 は効果を発揮します。

 そして、凸レンズで遠視
 を矯正することの多いお
 子様のメガネでは、さら
 に効果バツグンです!

■フレーム:
  フレーム/ラフォン(42□17)
■レンズ:1.5屈折、球面プラスチック
■OCD:52.0
■度数:左右とも+3.00D


 *上段は正面から、
  下段はやや上から撮った画像です。

アンダーすっきり加工例
例 4

大きいメガネ
Falanx
●通常のサイズのフレーム
 より、さらに大きいサイズ
 のメガネでも、その違い
 は歴然!ですね。

 特に、写真のようなセル
 フレームではヨコ方向の
 厚みよりもレンズ下縁の
 反射の方が目立ってし
 まいます。
 
 ぜひ「大きいメガネ」でも、
 アンダーすっきり加工を
 お試しください!
■フレーム:大きいメガネ研究会
  オリジナルフレーム/
  ファランクス(58□16)
■レンズ:1.5屈折、球面プラスチック
■OCD:65.0
■度数:左右とも-3.50D


 *上段は正面から、
  下段はやや上から撮った画像です。

HOME
Copyright(C)2008 京都メガネ館 All Rights Reserved